10代で発症し2次性化もあるてんかんにラミクタール

ラミクタールは日本においては2008年になって承認された比較的新しいてんかんの治療薬であり、てんかんの発作を予防する効果を得ることができます。全般発作にも部分発作にも有効性が高いということが特徴であり、ほとんどのてんかん発作に対して予防効果を示すものとされています。てんかんは乳幼児から10代の頃に発症しやすいものですが、成人になってから発症する人もいます。ラミクタールは成人でも小児でも使用することができる治療薬であり、その使用頻度が高まってきているのが現状です。ラミクタールの有用性の高さはただほとんどのてんかん発作に対して有効であるからだけではなく、治療が比較的困難であるとされてきた部分発作から2次性全般化を起こした大発作に対しても高い効果を示すということが挙げられます。また、製剤の工夫がなされていることも有用性の高さを生み出しているものであり、飲むことも噛んで飲み込むこともできるということが必要時に好きな形で飲むことができるという点で注目されています。一方、成人でも小児でも量を減らすためにバルプロ酸を併用するという方法も開発されて注目されており、ラミクタールとバルプロ酸をうまく併用していくことによって経済的にもメリットのあるてんかん治療ができるようになっています。乳幼児から10代で発症して長く飲み続けるということを考えるとこういった工夫ができるということが重要であると共に、2次性全般化を起こしてしまった際にも同じようにして治療をしていくことができるというのは患者にとってありがたいことでしょう。そういった魅力が集まっているのが新しいてんかん薬であるラミクタールの特徴となっています。